貯金箱を使ってのささやか貯金

貯金をするには、給料日に一定の金額を天引きにするのが一番確実ですが、私の場合はそれは少ない金額にしています。
あまりがんばると生活が苦しくなってしまうことを何度も経験したからです。

でも、5000円でも1万円でも、確実に貯金しているというのは精神衛生上良いと思うので、おすすめします。
残りの生活費からどうやって貯金していくか、いろいろ工夫しました。
私の場合は、封筒にわけたりすると簡単に開いて使ってしまうのでうまくいきませんでした。
500円玉貯金というのも、月末にお金が足りなくなってしまい、うまくいきませんでした。今は貯金箱を使用しています。
絶対貯金したい分は、開けにくいものがおすすめで、私は鍵つきので、鍵を実家に置いてあけられないようにしています。

一日の生活費を決めて、基本的にはあまりたくさんの金額を持ち歩かないようにしています。
そして、一日の終わりにその日の分が余ったら、「その半分の額」を貯金箱に入れます。
自分としては、余った分を全部入れないというのがささやかなポイントだと思っています。
半分は、家に置いてある方のお財布に入れておき、お金が足りなくなったときとか、予想外に欲しいとか必要になった
少額のものを買う時にあてたり、休日にカフェに行ったりとか、小さな贅沢をする別のお金、のようにしていると、
ストレス発散にもなります。
使ったお金はそんなにきっちりではなく計算しています。

ただし、100円切ったかな?というような時はちゃんと10円単位までは数え、その日の分が余ったのが20円だとしても、
10円は貯金箱に入れてしまいます。
少額でも毎日貯金しているとなんとなく楽しみになり、意外に節約にもつながるのでおすすめですよ。
私の場合は「毎日貯金」を心がけているので、化粧品代とか交際費とかはあらかじめ別にして、
ランチとかお菓子代を設定して、そこから貯金をしているわけですが、工夫次第では安くできる項目でもあるので、
なんとか毎日の貯金には成功しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です