食費を浮かせたいなら、スーパーは週に1度しか行くべきじゃありません。

食費を浮かせたいなら、スーパーには週に1度しか行かないことです。
なぜなら、スーパーに行く度に余分なものを買ってしまう危険があるからです。

1週間の献立を考えられないから毎日スーパーへ通う方が時々いますが、相当お財布に厳しい方でない限り、
スーパーに行く度に余分なものを買ってしまうことになります。
例えば、今日はおかずの唐揚げを買う予定だったけどローストビーフが安いからどっちも買ってしまおう、
朝食用に食パンが残っていたけど新商品の美味しそうなチョコパンがあるから買ってしまおう、といった具合にです。

また、人は空腹時に買い物に行くと余分なものを多く買ってしまうというデータがあるそうです。
ですので、一人暮らしの方が仕事終わりの空腹時にスーパーに頻繁に行くことは、節約する上でかなり危険な行為なのです。
そこで、スーパーは週に一度、作成した買い物リストと共に行くことをお勧めします。
そして、一週間の食費を2000〜3000円程度買っておきます。
急な外食が入って使い切れなかった食料品は冷凍すればいいし、翌週にまわせばいいのです。

また、卵や豆腐といった常備品を買い忘れていた!といったときは、コンビニで買うべきです。
例え卵の値段がコンビニが200円、スーパーが180円で、スーパーの方が20円安かったとしてもです。
スーパーはコンビニよりも店内が広いため、目的の購入品にたどり着くまで時間がかかり、出来合いのお惣菜などの余計な
ものを買ってしまう危険性が高くなります。
300円の惣菜を買ってしまっただけでも、その小さな無駄使いの積み重ねは馬鹿にできません。
それならば少し値段の高い卵をコンビニで購入した方が全体の消費は少なく済みます。

1週間に1度しかスーパーに行かない習慣が身につくと、買い物リストを作成するのも楽しみになります。
スマートフォンのメモ機能に思いついた時に記入しておけば、面倒に感じません。また、インターネットや
CMで見つけたお菓子などの新商品を買い物リストに追加しておくと、次にスーパーに行く日が楽しみになり、
小さな幸せを感じつつ節約することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です